レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

私は度数の強い眼鏡をかけていましたが、レーシック手術を受けて眼鏡なしで生活ができるようになりました。

私はレーシック手術を受けるまでは、度数の強い眼鏡をかけていましたが、手術を受けてからは度数の強い眼鏡をかけなくても物をはっきりと見ることができるようになり、手術を受けてとても良かったと思っています。
私が初めてレーシック手術を思い立ったのは今から5年ほど前のことです。
私はずっと度数の強い眼鏡をかけていたので、生活のいろいろな面で不便を感じていたので、なんとか眼鏡をかけずに生活したいと思っていました。
その時にレーシックの事を知ったのですが、当時は仕事がとても忙しかったので、実際に手術を受けるまでには至りませんでした。
でもそれからもずっとレーシックの事が気になっていたので、暇な時間があるとレーシックの手術を受けた人の体験談を読んだり、手術を受けられた人が書いたブログなどを読んでいました。
特にためになったのが口コミサイトで、口コミサイトには、いろいろな人の体験談が掲載されていたり、病院へのリンクも貼られていたので、とても便利で知らず知らずのうちに知識が深まっていきました。
私が実際に手術を受けたのは、今から半年ほど前のことです。
いろいろ調べた結果、手術を受ければ視力は確実に改善されると確信でき、手術代も貯まったので、手術を受ける決断をしました。
通院した病院は、口コミサイトを見ている時に知った病院で、数ある病院の中でこの病院が一番信頼できると思い、病院の場所も自宅から電車で30分ほどで行けて便利なので、この病院にしました。
手術を受ける前には、目の検査と医師とのカウンセリングがありました。
私の視力はランドルフ環では0.05で、オートレフラクトメーターを使って測定した屈折度数はマイナス7Dの強度近視でしたが、角膜の厚さなどは問題なく、手術を受けても大丈夫だという検査の結果が出ました。
検査の時間は3時間位かかりましたが、大事な目の手術ですので、時間をかけてじっくり検査をしてくれてとても安心することができました。
医師の話によると、手術後は私の視力は1.5位に改善されるということでしたので、とても嬉しく思いました。
その翌日、早速手術を受けました。
手術はとても短時間で終わり、点眼麻酔がきちんと効いていたので痛みも全く感じませんでした。
手術が終わってすぐに、私はもうすでに私の視力は回復していることを確信しました。
ただ、病院のライトがとても眩しく感じ、今まで経験したことのない感覚に少し戸惑いを覚えました。
その後、看護師さんに付き添われて病院の中の一室で、しばらく安静にするようにと言われ、私はその部屋の中で休むことにしました。
それから1時間ほどしてから、もう一度医師の診察を受け、手術は成功したと言われました。
私はライトが凄く眩しく感じると医師に言いましたが、医師の話では、手術を受けられた人のほとんどはそういった症状になるみたいなので安心しました。
その日のうちに家に帰って、ぐっすり眠って翌朝目覚めると、朝の日差しも極端に眩しく感じなかったのでホッとしました。
その後の定期検査でも異常は見られず、手術はやはり成功したようです。
最初はあまりにもはっきりと物が見えるので、違和感を覚えましたが、今ではすっかり慣れて快適に過ごしています。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談