レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックには瞳孔の大きさが重要

現代で近視に悩む人たちの中には、レーシックを受けて視力を矯正することによって、それまで使用していたメガネやコンタクトレンズを使わず、裸眼で生活できるようになることを望む人が多いです。
技術を持った医師や手術を受けることができる設備を整えているクリニックも増えており、入院することなく日帰りで手術を受けられるようになっています。
私は社会人になって生活が変化したことがきっかけとなり、近視に悩むようになりました。
メガネを使って矯正していたものの、風呂に入るときや運動するときに不便だったため、裸眼で生活できるようになりたいと思っていました。
そこで、家の近所にあるクリニックを調べ、診察を受けてみることにしたのです。
いくつかのクリニックで検査を受けて、手術の内容について説明を聞くことで、そのクリニックで安心して手術を受けられるかどうか考えました。
手術に失敗すれば手術前より視力が落ちることがあり、万が一の場合には失明の可能性もあるので、慎重に選びたかったのです。
また、保険適応外の自由診療であることから高額な費用が必要となるため、クリニックで検査を受けながらも、まだ手術をするべきか迷っていました。
私が行ったクリニックの医師は、同じ手術内容にもかかわらず、人によって説明する内容が変わるのはもちろん、後遺症や合併症について、こちらから質問をしなければきちんと説明してくれない医師もいました。
特に説明の少なかったものがハロー現象、グレア現象という症状についてで、これは夜間や照明のない室内などの暗いところで光を見たとき、眩しく見えたり、滲んで見えたりする症状のことです。
暗い所で人間の瞳孔は光をより多く吸収しようとして大きく広がります。
これを暗所瞳孔径といい、この大きさが手術の際に使用されるレーザーの照射径よりもオーバーしてしまうと、角膜を削った部分とそうでない部分で光が乱屈折するためにハロー現象やグレア現象という症状が起こります。
レーザー照射径は6.5ミリメートルに設定されている場合が多く、暗所瞳孔径がこれを超えるときはハロー現象やグレア現象が起こる可能性が高くなります。
私が手術を受けたクリニックの医師はきちんとそのことについて説明をしてくれた上で、私の暗所瞳孔径の数値は後遺症の起こる確率が低い数値であることを教えてくれました。
適応検査ではこの数値を必ず測定しているので、心配な人は手術を受ける前に聞いてみると良いでしょう。
また、暗所瞳孔径は年齢を重ねるとともに小さくなることがあるため、若いうちに手術を受けてハロー現象やグレア現象に悩まされていたとしても、治る可能性があります。
私にとってレーシックは不安が多い手術であったため、もしこれが6.5ミリメートルを超えていて後遺症が起こりやすい数値だった場合は手術を受けなかったかもしれません。
レーシックに対する不安をできるだけ少なくし、手術を受けてもらうために、問題がないと医師が判断した場合は患者に説明しないことがあるようです。
ですから、説明がなかった場合でも患者から質問をすればリスクと対策、後遺症や合併症が起こる可能性などについて聞くことができます。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談