レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

瞳孔が大きい事で発症するレーシックの後遺症

私は強度の近視を矯正したいと考えており、視力矯正が出来る手術を探していました。
近年、多くの方から注目されている視力矯正の手術にレーシックがありますが、この手術は二十代から三十代にかけては最適な時期であるという事をドクターから聞き、この手術を受ける事を決めました。
私の手術を担当してくれたドクターのお話では、この手術は十代では視力が安定していないため、手術後に視力が大きく変わったり、手術の効果が十分に活かされないことがあり、手術を行う事が困難になるそうです。
又、四十代以降は、老眼などの症状が出てくる事が多くなり、検査結果によってはこれらの問題を改善する治療と併用して手術をする事が必要になります。
その為、私は三十代でこの手術に適した年齢であった為に、この手術を受ける事を決めました。
しかしながら、私の場合はこの手術を受ける前に幾つかの問題点がありました。
一つは視力が環境に影響されるという点です。
私の場合はデスクワーク中心の仕事で、手術後に極度に目を酷使してしまうことで、視力が低下する可能性がありました。
この問題点は仕事中に適度に休憩を挟み、定期的な目薬の点眼や、クリニックでの定期健診、毎日のアフターケアを心掛けることで解消できると教わりました。
そして、もう一つが瞳孔が大きいという問題です。
この瞳孔が大きな場合は、レーシックの手術後に短期的に後遺症が出る可能性があるとの事でした。
ここでは瞳孔が大きいことで発症するレーシックの後遺症についてお話致します。
先ず最初に、手術前のカウンセリングでのドクターのお話では、この視力矯正の手術を受けることで、一時的に暗闇での視力の低下につながる可能性があるとの事でした。
これは多くの術式に当てはまる後遺症で、暗い場所で視力が低下するというものです。
この症状の度合いはそれぞれ違うもので、大きな視力の変化を経験する事もあります。
私はこのような後遺症にはあまり悩まされませんでしたが、手術後に暗い場所で視力が低下しているという感覚はありました。
この暗闇での見えにくくなる症状は、強度の近視の方や、瞳孔が大きい方、年齢が若い方などに当てはまる症状です。
これは手術でのレーザー光線の照射と関係があり、手術により目の光の調整機能に変化が生じ、暗い場所で物が見えにくくなると感じるものです。
そして、レーシックでは夜間視力の低下という症状に加え、私のような強度の近視の人が手術を受けた場合には、視力が不安定になることがあります。
例えば、レーシックの手術を受けることで、ドライアイの症状が出てくる方もいます。
私の場合は手術を受ける前からドライアイの症状がありましたが、以前よりもドライアイの症状が強くなったと感じるようになりました。
この症状は手術後の数週間程度で徐々に回復しましたが、その期間は常に目薬を持ち歩き点眼を心掛けました。
私は仕事でパソコンを使うことが多いのですが、このような理由からも目が乾くという症状が出やすく、手術後のドライアイという症状に配慮した生活を心掛けました。
このようにこの視力矯正の手術を受ける前には、予めこのような後遺症について理解しておく事も大切です。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談