レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック手術後の視界が曇る後遺症の基礎知識

私は以前から乱視に悩まされていました。
この症状はモノが二重に見えてしまう状態で、日常生活に支障を来すために何か良い解決策を模索していました。
乱視という症状の場合はメガネやコンタクトによる矯正ができます。
しかしながら、コンタクトは通常のものよりも厚く作られているため、付け心地に違和感があり、私には適していませんでした。
そして、コンタクトがずれると、私の場合は視界に大きな影響を与え見えづらくなってしまい、日常的な生活でトラブルを招いてしまう事が多くありました。
このような視力の問題を改善しようと解決策を探していた時に出会ったものがレーシックの手術です。
初めてクリニックを受診した時の担当の眼科医の方のお話では、私のような乱視の症状の場合は、角膜の屈折異常が原因となっているとの事で、この屈折矯正を行う手術で対応できるという事を伺いました。
又、近視の方の中には乱視を併発されている方も多く、このような場合もレーシックの手術で対応でき、近視や乱視も治すことができます。
私がこの手術を受ける際に心配だった点が、手術後の見た目です。
手術後の見た目や外見の変化で、傷や目の形状の変化があるかどうかが気になりました。
しかしながら、クリニックのドクターのお話では、この手術を受け外見に変化があらわれることは無く、手術を受けた事を気づかれることもないとの事でした。
この手術は角膜に行う手術で、皮膚に手を加えることは無い為に、眼の形が変わってしまうことは無いのです。
そして、私はこの手術の際に、一時的な後遺症の一つである視界が曇るという現象にも不安がありました。
私は手術を受ける前に、このような後遺症についても確認したいと考えクリニックのドクターに相談しました。
ここではレーシックの手術後の視界が曇る後遺症の基礎知識についてお話致します。
先ず最初に、私の手術を担当して下さったドクターの説明では、この手術の一時的な後遺症は深刻なものではないが、手術後に視力に影響を与えることがあるとの事でした。
この手術後の症状で見られるのは、ドライアイ、暗闇での視力低下、視界が曇るなどの後遺症です。
しかしながら、こうした症状は時間の経過と共に治る一時的なものであり、大きな心配をする必要ないものである事を教わりました。
この手術では角膜に作成したフラップの傷が一定期間残り、この傷が完治するまでに数週間から一か月ほど必要で、この期間が経過した後は視界が曇るなどの後遺症も治るとの事でした。
その為、私は予め術後の症状に備える為に、日常生活に配慮しました。
私は視界が極度に曇るような場合は視力が低下するために、車の運転を控えました。
又、光を眩しく感じるようなケースでは、昼間にサングラスを着用しました。
更に、手術で角膜に作成したフラップに傷をつけてしまわないようにする為に、角膜の状態が安定する一週間程度は注意しておきました。
このレーシックの手術による影響は数週間程度で改善される事が多いために、私はこの間は手術の後遺症の改善を早めるためにも、目を労わりながら生活するように心がけました。
このようにレーシックの手術後の視界がぼやける症状には、このような特徴があります。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談