レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック難民について

レーシック難民と言うのはレーシック手術を行った後に様々な症状が出ているにも関わらず、適切な処置や治療が行われない人を総称して造られた造語です。
しかし症状の中には一概にレーシックそのものが原因という根拠が無いものも多くあります。
その為、適切な処置が行えないというケースもあるのです。
しかし、レーシック手術はそこまで危険なのかというと、他の医療関係の手術に比べると比較的安全性が高く成功率も高い手術なのです。
しかし、手術方法自体が比較的最近になって認可されたものであり、そのため長期的なデータというものが存在しないのです。
だから一概に手術後に鬱や自律神経失調症等の精神疾患になったというケースに対して否定も肯定もできないのが現状の医学でもあります。
しかし、他の身体症状の場合には手術そのものの問題ではなく、医師とのコミュニケーション不全から起こるケースも見られます。
例えば、視力が悪くメガネをかけている人の多くが悩まされる眼精疲労からくる頭痛や、眼の疲れ又はピントのズレなどの症状はレーシック手術そのものの失敗と言うよりも、視力の矯正をする際にどの程度の視力を矯正するかという部分で、利用する側の人のと医師との間で上手く日常生活での状況などカウンセリングが行えていないために、術後そういった症状に悩まされるというケースもあります。
しかしこの場合では、医師や医療自体に問題があるというわけではないので、医師としては再手術を提案することができますが利用する側の人がそれを断ってしまうというケースも少なくはありません。
また、今までの視力が悪い状態が続いていた場合にはそれが長期間に渡ると、急に視力が矯正された際に視覚に違和感を感じてしまうというケースも勿論あります。
この場合には元々の視覚と今までの状態の差がかなり開いてしまうため、どうしても視覚に対しての異常や違和感を訴えられるケースがあります。
しかしこの点に関しては元々の視覚そのものに問題があったのが治った為に起こるので、処置のしようがありません。
そういった様々な手術後に起こりえるトラブル等が難民として掲示板や様々なな情報の場所で広くやり取りをされているという場合もあります。
中には手術後の処置に問題があったために、若しくは手術前に眼の疾患の自覚症状がなかったのが、手術を行ったために自覚症状として現れるというケースもあるため、医療側としても所謂難民になってしまった利用者側としてもどうにもできない状態というのが出てきてしまいます。
その為、万が一の場合にはしっかりとアフターケアがある病院やクリニックなどの、医療機関を選ぶことでこういったリスクを最小限に抑える必要があります。
最近では多くの医療機関でアフターケアを行う動きも増えていますし、手術を行う前の段階であるカウンセリングに関してもより適切な方法をとって、しっかりとした矯正が行えるように医療の面でも変化しています。
特にカウンセリング等の利用者に対する聞き取りやその後のリスクなどの説明に対してもしっかりと、告知している場所が多くあるため、現在では口コミサイト等で情報を収集すれば危険性もかなり少なく手術が行えるようになっています。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談