レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

二回目のレーシック手術受けるという選択肢もあります

視力が悪いと何かと不便なことが多いものです。
少し近所に外出するだけにしても、メガネやコンタクトが無ければ危なくて出られません。
メガネの場合だと、ずっとかけっぱなしなので耳の上が痛くなったり、鼻の頭に跡が付いたりすることがあります。
また、メガネによってオシャレの幅が狭まってしまう事や、自信が持てないなどといった悩みもあります。
一方、一見裸眼と同じように見えるコンタクトも様々な悩みを持っている人が多いです。
私も長い間コンタクトを使用していますが、いちいち付けたりはずしたりが手間で、そのたびに洗浄などのケアもきちんとしなければならないのが面倒くさく感じていました。
プールや砂の多い場所などはコンタクトが外れやすいので注意が必要ですし、付けたままで眠ってしまうとひどいドライアイや目の疲れに悩まされていました。
そこで目をつけたのがレーシックという手術でした。
レーシックは裸眼での視力回復を図る手術です。
なので、私を含めてメガネやコンタクトの不便性を感じていた人にとっては非常に画期的な手術でした。
現に、日本でこの手術が行われるようになってからも症例数は増加の一途をたどっています。
その一因としては、有名人や一流のアスリートたちが本来のパフォーマンスをするためにこの手術を受けたことでより認知度が上がったことも挙げられます。
具体的にどういったプロセスなのかというと、レーザーを照射して手術を行います。
まず、角膜を薄く切ってふたのようなものを作ります。
このふたのことをフラップと呼びます。
この時、従来はマイクロケラトームという超小型のメスを用いていましたが、現在ではイントラレーザーを用いるのが主流になっています。
この段階でイントラレーザーではなく他社のレーザー機器を使用した場合は、手術名などに違いが出てきます。
フラップを作成したらそれをめくって、角膜にレーザーを照射します。
この時に用いられるのはエキシマレーザーというものですが、これも性能や型式などがそれぞれ異なります。
エキシマレーザーで角膜を削り、屈折率を変えることで視力を矯正するのです。
その後フラップを元の状態に戻します。
フラップは術後に自然に接着していきます。
これが主な流れで、早ければ術後翌日には視力の回復を実感できます。
とはいえ、中にはレーシックを受けた後に一度は視力が回復したものの、また近視の症状が出始める人もいます。
このことは、レーシックを受ける前にきちんと医師から説明を受けますが、術後どの程度の期間でまた視力が落ち始めるかは体質によるものなので分かりません。
そうした場合に二回目の手術を受けるという選択肢もありますが、まだ視力が安定しておらず今後も落ちる可能性がある場合はもう少し様子を見ることになります。
また、角膜の厚みは人それぞれで、ある程度残しておかなければならない厚みが定められているので、再手術を受けられる回数も人によって異なってきます。
手術をするたびに角膜を削ることになるので、もともと角膜が薄い人は二回ないしは三回程度が限度と言われています。
レーシックはとにかく自分の適した方法を選択するのが非常に重要です。
二回目、三回目の手術を受ける場合はよく医師と相談しましょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談