レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックと二重両方したい

視力が悪いのはもちろんですが、一重というのもずっとコンプレックスだったのです。
いつか大人になったら視力を回復するようなレーシックの手術がしたい、そしてかわいいパッチリ二重になってアイシャドーとかアイメイクを楽しみたいと考えていたのです。
そこでお年玉とかも出来る限り残すようにして無駄なものは買わず、アルバイトが出来る年齢になってからはさらにヒートアップして必死でお金を貯めたのです。
もちろんレーシックと二重のためです。
レーシックの手術は眼球の表面の角膜をフラップ状に剥がし、レーザーで屈折率を変えたあとに、剥がした角膜を元に戻す手術です。
数分で行われる手術とは言え、術後は剥がした角膜がとても不安定なために、落ち着くまでは私が受けたいと考えている二重はもちろんですが、目のしたの脂肪除去とか、目尻切開はもちろんのこと、ヒアルロン酸注射すら出来ないのです。
もちろん角膜が安定したら出来ます。
実際どれほどの期間を明けてから行う方が良いのかはクリニックに相談する方が良いですが、私の場合はまずレーシックを受け三ヶ月あけたほうが良いというアドバイスを受けました。
そこで大事をとって倍の半年待ってから二重の手術を受けました。
少しでも早くしたいという思いはありましたし、実際数分で終わる手術だったためにかんたんな感じはありましたが、やはり視力の中側を触っているのです。
レーザーでかんたんに当てられているような感覚しかなかったのですが、角膜を剥がし再度戻すというのはやはり目に相当の負担は与えているだろうと思ったからです。
二重に憧れていた時は一日も早く受けたいという思いの方が大きかったのですが、今は必ず出来るというのがわかっているだけに、安心して待つ余裕があるからです。
せっかく良くなった視力を無駄にしないためにも、そしてなりたい私になるためにもすこしくらい待つ時間が長くても良いと思えるような、心境の変化があったからです。
二つとも絶対に受けるとか早くしたいと願って悪戦苦闘していた頃は、あくせくするだけで心にゆとりが一切なかったのです。
まるで勝手に悲劇のヒロインとなりいばらの道を通っているような気分だったのです。
それがレーシックを受けありえないほど視力が回復し、人生初の1.5という視力を手に入れることが出来た事が大きな支えとなったのです。
もちろんあとは王手をかけただけの状態というのも大きなゆとりです。
そして半年後いよいよ待ちに待った運命の日、実は皮膚を切除しようと考えていたのです。
理由はアイプチを利用しすぎて伸びている感覚があったからです。
でも医師からまぶたがかぶれて分厚くなって、シワシワの状態になっているだけだからと言われたのです。
下手に皮膚を切開する方が完全におかしな状態になると反対されてので、医師の指示に従い無事になりたかった念願の私になれたのです。
とても長い道のりでしたが、心を奪われるほど望んでいた結果をしっかりと心に刻みつけたいと思ったのです。
志を立てるほど立派なものではないですが、夢は叶う、自分が望めば手に入れられる、目標に向かって一歩ずつ進むことが一番大切なのだとこのことを通じて学んだのです。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談