レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック手術における賠償問題

レーシック手術は現在かなり多くの方が手術を受けるようになり、一般的に浸透してきたといえます。
また各医院やクリニックの広告による露出度の高まりがあり、かなりの方が認識を持っています。
それぞれのクリニックなどでは最新鋭の機械の導入により、以前に比較して手術の精度や医師の手術の熟練度は飛躍的に高まっています。
しかし、そもそも手術自体はまだまだ歴史の浅いものであり、まだ発展途上の技術ともいえます。
私もかなりの近視で、また片目のみが極端に悪かったため肩こりや偏頭痛を引き起こしていました。
眼鏡では視力矯正はできるものの、偏頭痛などの根本的な解消にはつながらないため手術を決意しました。
調べていくと手術を受けるメリットは分かるものの、デメリットについてはなかな情報は入りません。
また手術によるミスには至らないものの、副作用として起こるリスクについては積極的には説明されていないことも多く、判断にミスリードを招くことが考えられます。
レーシック手術のメリットとしては、間違いなく近視の矯正による生活環境の改善が挙げられます。
眼鏡やコンタクトレンズといった矯正具から解放されること、また私のような偏頭痛持ちにとっては視力の矯正により両目でものを見ることによる姿勢その他に好影響があることは何者にも代えがたいものになります。
ここで見落としてはならないのが、デメリットです。
以前レーシック手術が普及する前には、稚拙な技術による失敗や感染症などの発症が頻繁に見られました。
レーシックが普及した現在は、以前ほどの低い医療技術とは比較できないほどに進歩しており、大体の医療機関は衛生面や精度の面でもほぼ問題のない水準にあります。
ただし、手術自体は人間が行うものであり完璧なものはないということです。
まずはこの点を理解しておかなくてはいけません。
がんなどの手術と違い、生命に直接影響のある手術ではないため、必ず受けなければいけないものではなく手術の性質を十分に理解したうえで私たちにもそれなりのリスクがあるものと考えて臨まなくてはいけないものだということです。
その上でよく言われるインフォームドコンセントを受けることが重要です。
どういった内容の手術を受けるのか、またその手術を受けることによりどんなデメリットが生じる可能性があるのかを事前に十分に把握し、医師側は理解させるように努めなければなりません。
いくつかこのインフォームドコンセントの不足により、医師側が敗訴したケースがあり、現在はきちんと行われていることが多くなっています。
患者に対し書類にサインを求めるだけではなく口頭での十分な説明が必要と言うことです。
手術ミスなどにより賠償問題になるケースも散見されます。
医師の単純ミスであれば医療機関側にその責があるものと考えられ賠償が認められます。
注意義務を十分に果たした上で不可避であった後遺症についてまで、医療機関に責があるとは認められないでしょうし、裁判となったとしても難しいものとなるでしょう。
また裁判は長期化するケースが多く、また勝訴したとしても大きな金額は望めません。
先ほど述べたように、医師の単純ミスを除いて、手術自体に患者側にも手術を理解して受けるべき義務があると考えられるのです。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談