レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック手術後による眼の疲れについて

視力回復手術と言えばレーシック手術が最も代表的で信頼性も高い手術方法として最近では様々な方が、メガネからコンタクトレンズが出始めた頃のように受け始めています。
レーシック手術自体の内容は眼球の中にある水晶体にレーザーメスを使用することで直接的に視力の矯正を行うことで、視力の回復を行う成功率としては高く安全性のある手術方法であります。
しかし、その反面最近ではレーシック難民などの言葉が産まれるくらいに、術後に何らかのトラブルが発生するというケースも多くあります。
特に簡単に視力回復が行えるという広告等が多くある為、コンタクトレンズのような感覚で情報収集をしないで受けてしまう方も多くいる為、こういった手術後のトラブルが発生しやすくもあります。
特に手術後に多いのは眼精疲労による眼の疲れからくる肩こりや頭痛等の症状です。
特にパソコンを長時間行う必要のある方や、仕事などで書類を近くで見る必要のある人に多く、また最近では携帯電話やスマートフォン等の若者向けの電子機器を長時間使用する人が多くこのトラブルを訴えているという面があります。
中には今までは長時間画面を見られていたのに、レーシック手術後には長時間見ることができなくなってしまったと言う人も多くいます。
ではレーシック手術事態に問題があるのかというと、実はそうではないのです。
手術自体は正常にかつ高確率で成功しますが、問題はその手術結果によって視力が余計に矯正され過ぎてしまう過矯正という状態になってしまう結果、遠視の状態によりパソコ作業等の近くで行う作業が多い人にとっては眼に負担がかかってしまい、その結果、眼精疲労に陥ってしまうというケースが多くあります。
何故遠視になると眼が疲れてしまい眼精疲労を起こすのかというと、遠視の場合には一般的に遠くの物が見えやすくなります。
しかしその代わりに近くの物を見る際には、眼の中にある水晶体を厚くして近くの物にピントを合わせる必要が出てきます。
そうする結果ピントを合わせ続けることで眼の筋肉が疲れて眼精疲労になってしまい、疲れや肩こりや頭痛等の様々な症状を起こしてしまうという状況が多くあります。
視力測定の数字が劇的に改善できる為に、このような状態が起こってしまうので、防止する方法としては予めカウンセリング等を行う際に利用される方自身の生活環境や仕事、よく使用するものを医師と相談した上でどれくらい視力を上げるのか等を決めておくことでこういった問題やトラブルの発生を回避することが可能です。
特に手術そのものが問題なのではなく、手術自体は安全で成功率も高くありますがそれ故にしっかりと、専門医とのコミュニケーションやカウンセリングを行わなう必要があります。
そういった点で専門医や病院等の医療機関を探すというのも1つの方法です。
特にヒヤリング能力やカウンセリングがしっかりされてるかどうかに関しては、病院等の情報以上に口コミサイト等のレビューから確認することで、より客観的にその医療機関の専門医がきちんと話を聞いてくれるかどうか、カウンセリングの内容がどういうものだったのかという部分から、その医療機関で手術するかの判断材料にもなります。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談