レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック手術の費用は保険の対象外ですが給付金を受け取れる場合があります

レーシック手術を受けた事によって視力がアップしました。
レーシックの費用は自由診療である為に保険の適用外となります。
レーシック手術の料金は各医療施設ごとに異なるのです。
レーシック手術を受けようと決意した時には、まず信頼の出来る医療機関を見つける事を重視しました。
大切な器官である目の手術は信頼関係を構築する事が出来る医師に任せたいからです。
手術を行っている医療機関を調べた結果、手術に関する説明会を開催している事が判明した為、説明会の予約を取りました。
説明会の予約はウェブサイト又は電話から取る事が出来ます。
説明会では目の機能や手術の方法及び医師や担当者の紹介、質疑応答などが行われます。
診察室ではなくソファーのある部屋で話を聞く為、比較的和やかな雰囲気です。
手術を行う為には目が手術に適しているかを事前に検査する事が大切である為、説明会を受けた後に事前の検査を予約します(基本的に検査は予約制です)。
日を改めて事前の検査が行われます。
事前の検査では視力検査(裸眼)や眼圧検査や眼底検査等を行う事によって、目の現状を医師が把握した上で手術が出来るかを判断します。
手術を受ける事が出来る為、承諾書や注意事項が記載されている書類等を渡されました。
承諾書には手術の説明を受けた事と手術に同意する旨が記載されている為、熟読した上で無いように相違がなければ署名捺印を行い医療機関へ提出します。
注意事項には手術前後のアイメイクは控える事や暴飲暴食及び飲酒、激しい運動等は避ける事などが記載されています。
手術当日はまず診察室で椅子に横たわります。
麻酔薬を目薬によってさします。
目には麻酔がきくものの意識はハッキリしています。
麻酔がきいた頃を見計らいいよいよ手術が始まります。
患者は医師の指示に従い、赤い点や青い点を見つめます。
手術当日に家族や付添人がいる場合には、別室で待機する事が出来ます。
後で家族に確認した処、別室では手術中の目をモニターで映し出している為、手術の状況をリアルタイムで確認する事が出来たとの事です。
手術は短時間で終了します。
手術の終了後は目を開けずに別室へ向かいます(スタッフがサポートします)。
手術直後しばらくは目を使う事を避ける為、椅子で安静にします。
所定の時間が経過した時にスタッフが呼びに来る為、診察室の医師の元へ向かいます。
目に異常が無い事を確認した上で保護用のゴーグルが貸し出されます。
又、麻酔が切れた後に痛みを生じる場合がある為、念のために痛み止めが処方されます。
保護用のゴーグルは手術当日装着を行います。
就寝時も目を擦る事を避ける為、保護用ゴーグルを装着します。
手術の翌日は検査があります。
特に問題が無かったので経過観察の為、一週間後に定期検査を予約します。
定期検査以外でも目に異変や違和感が生じた場合には速やかに医療機関へ連絡を行い診察を受ける事が大切です。
定期検査は一週間後及び一ヶ月後そして半年後に行われます。
加入している保険の種類や契約期間によって保険給付金を請求する事が出来ます。
一般的に給付金の請求には診断書が必要です。
所定の診断書及び必要書類は保険会社に用意されています。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談