レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの手術前に入念な検査が必要な飛蚊症などの症状

私は学生時代から視力が低く、コンタクトやメガネを使っていました。
しかしながら、毎日必要なコンタクトのケアや、メガネの装着による煩わしさにストレスが溜まり、このような手間から解放されたいと思っていました。
コンタクトレンズの着用では疲れ目になったりする事が多く、目に違和感があったり、激しい痛みとなる事が多々あり、私には合いませんでした。
又、メガネの装着には抵抗がなかったのですが、視界がコンタクトレンズより狭くなり、スポーツにも向いていないことから使用する事がありませんでした。
このような状況で、親戚の受けた視力矯正の手術に興味を持ち、手術の情報を収集しました。
その視力矯正の手術がレーシックでした。
当初は、目の角膜の手術ということもあり不安が大きかったのですが、レーシックに関しての知識を身に付け、親戚の体験談を何度も聞くうちに、このような不安は改善されました。
その親戚も幼少の頃から目が悪く、私と同じようにメガネとコンタクトレンズを併用していました。
このような親戚がレーシックの手術を受けて飛躍的に視力が向上したということで、私もこの手術を受ける事を決めました。
この親戚の説明では、この手術中には痛みはなく、両目で三十分もかからない短時間な手術で、誰でも気軽に手術ができるものである事を聞き、明日にでもこの手術を受けたいという思いが強くなりました。
このような短時間でコンタクトレンズやメガネの生活から解放されるとなれば、費用は多少かかっても手術を受ける価値があるものです。
そして、私は親戚と同じクリニックで手術を受ける事を決め、実際にカウンセリングを受けました。
この時に、担当のドクターから手術で注意すべきポイントなども教わりました。
この手術を受ける際には、目に何らかの疾患や症状が出ている場合には注意が必要となります。
私は以前から飛蚊症の症状が出ていた為に、ドクターにこのような症状を伝えておきました。
手術を受ける前には、予めこのような症状を踏まえた上で、ドクターと相談する事が大切になります。
ここではレーシックの手術前に入念な検査が必要な飛蚊症などの症状についてお話致します。
先ず最初に、私が発症していた飛蚊症は、視界に小さなゴミのようなものが見える症状です。
これは加齢や近視などが原因になる事に加え、打撲などの衝撃によって生じることがあります。
このような症状は視力に大きな問題となる事はありませんが、網膜剥離の初期段階や糖尿病の際の症状の前兆として現れるケースがあるため、事前に入念な検査が必要になるのです。
その為、私は予めこのような症状をドクターに説明し、より詳細な検査を受けレーシックの手術に臨む事が必要になりました。
この症状を発症しているケースでも、病気が原因でないものであれば、問題なく手術を受けることができます。
私の場合は、検査結果で病気が原因で無い事が判明した為に、手術を受ける事が出来ました。
私は親戚のおかげでこの素晴らしい視力矯正の手術を受けるきっかけができ、現在ではメガネやコンタクトの煩わしさから解放された生活を送れています。
このように飛蚊症などの症状がある場合には、手術前に入念な検査が必要になります。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談