レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

評判の良い病院でレーシックを受ける

最近レーシックを受ける人が増えています。
レーシックは目の角膜にエキシマレーザーを当てて、視力を矯正する手術の事です。
人によって角膜の薄さや目の状態が違いますので、中には手術を受けられない人もいますので、事前検査が必要になります。
レーシックは1990年代アメリカで普及し、日本では2000年1月に厚生労働省に安全性を認められ認可を受けました。
それから有名なスポーツ選手やアイドル・芸能人が手術を受け視力が回復したと報じられると、瞬く間に人気が高まりました。
視力回復方法として、目のトレーニングをしたりブルーベリーを摂取したり、目の周辺のツボをマッサージしたり、色々ありますがなかなか効果を期待する事はできません。
しかしレーシックは簡単な手術で効果が出ますのでとても人気があるのです。
手術自体はとても簡単なもので、目の表面の角膜を削りフラップを作り、角膜の中央部にレーザーを当て、フラップを元に戻し終了です。
時間は15分から20分ととても短くその日の内に帰宅できるので、忙しい人でも日常生活に支障をきたす事なく受けられますので、それも人気の理由となっています。
目薬で麻酔をしますので痛みはほとんどありません。
何かが触れるような押さえられるような感覚はありますが、痛くはありません。
レーシックを3年前に受けましたが、受けると決意するまでに時間がかかりました。
とても不安だったからです。
高いお金を払って本当に視力は回復するのか、失敗して失明しないかと怖かったです。
しかし裸眼での生活にとても憧れがあり、諦める事ができなかったのです。
朝起きてすぐに枕元のメガネを探す事から一日が始まり、日中はコンタクトをつけます。
寝る前にはまたコンタクトを外しメガネをかけ布団まで行きます。
コンタクトは洗浄もしないといけないし、ゴミが入ればとても痛いですし、何よりコストがかかります。
こんなメガネとコンタクトの生活がとても煩わしく、裸眼で過ごす事に憧れました。
とにかくとことん調べました。
インターネットで調べると口コミや病院の評判などたくさん出てきました。
それだけたくさんの人が受けているのですから、だんだん勇気がわいてきました。
受ける病院を決めた1番の理由は評判がいい事でした。
その病院は症例件数もとても多いため、手術には慣れているだろうし、色々な患者さんを見てきて腕もいいだろうと信頼できました。
カウンセリングもしっかりしてもらえ、不安に思っている事や分からない事など、しっかり聞いてもらえ安心できました。
少しでも不安な気持ちがあるまま受けたくなかったので、カウンセリングは本当に親戚・丁寧にしてもらえ良かったです。
手術後の後遺症もありますので、その事もしっかり説明してもらえたので、その事も納得できました。
実際術後しばらくは、ぼやけて見えたりドライアイになったり、夜間はハロ・グレアといった症状が出ましたが、事前に聞いていたので心配しませんでした。
ドライアイは角膜近くの神経を傷付けるため、知覚感覚が鈍くなり瞬きの回数が減るため起こります。
知っていたので意識して瞬きをするようにしていたのでそれほど気になりませんでしたし、他の症状も1ヶ月程で落ち着いてきました。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談