レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの病院選びのポイント

視力改善には様々な方法があります。
以前はメガネやコンタクトレンズの使用が主流でした。
ですが、このような方法は維持費がかかったり、視界が狭くなったり、ケアが煩わしかったりという難点がありました。
そのような背景から、注目されているのが手術によって視力を回復するという方法である「レーシック手術」です。
既存の視力改善の方法に嫌気がさして、レーシックに興味を持っている人は多いことでしょう。
しかし、眼に関わる手術ですので、少しでも確実に手術を行ってくれるところを選びたいと思うのは当然です。
私も以前レーシックを検討した時は病院選びにずいぶん悩みました。
悩みながらも慎重に情報は収集してきました。
例えば執刀してくれることになる眼科医ですが、日本眼科学会に認められた専門医であることが必要ですのでそのような表記があると安心度が高くなります。
また、手術の費用だけが安くても、実際に手術を受ける前後には診察やアフターケアーが必要になりそれなりの料金がかかってきます。
ですので、手術の費用だけでなく前後の費用もしっかり教えてくれる価格に透明性のある病院ですと信頼できます。
また、手術を受ける際に気になってくるのがやはり感染症ですが、感染症を起こさないためにその候補クリニックがどのような工夫を行っているかということを知っておく必要があります。
クリーンルームを設置していたり、信頼できる機器を使用しているとその点が安心です。
また、各クリニックのホームページ等で確認しておきたいのが執刀数です。
それぞれの症例において執刀した回数を示している場合がありますので、やはり回数が多いほうがベテランということで確実さが増します。
このような客観的な病院の情報を集める傍ら、口コミの情報のほうもしっかり入手しておきました。
この口コミは、インターネットの口コミサイトでもある程度参考になりますが、どこが良いとか、こういう点は改善してほしいとか、具体的に書かれているサイトですと信頼度が高まります。
さらに身近に私の場合はレーシックを受けた友人がいましたので、その人の話をよく聞き、前後の感覚や手術の様子、効果のほどなどをしっかり聞いておきました。
私はその口コミが信頼のおけるものでしたので、友人が手術を行ったクリニックに足を運びました。
しかし、私の場合は乱視の度合いがあまりに強かったため、手術で視力を矯正するのは危険だということになり結局見合わせることになりました。
その時はがっかりしましたが、後になって考えたのはやはり、できないときは「できない」ときっちり診断するクリニックというのはやはり信頼のおけるクリニックだということです。
「このような人はお受けできません」というように明示しているクリニックもありますので、そのようなクリニックをあえて尋ねてみるという方法もあります。
情報や口コミで絞った後まだ迷いがある場合は、複数のクリニックに見積もりや診察だけ受けに行くという方法もあります。
実際に話して先生やスタッフの人柄に触れることで、安心できる病院選びができる可能性が高まります。
事前に気になることをまとめておくなどして質問し、対応の良い病院を選ぶとリラックスして手術が受けられます。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談