レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックで怖いことは

わたしは、つい先日、アイレーシックを受けました。
わたしは元来、視力が悪くて、メガネやコンタクトレンズを日常的に使用していました。
しかし、メガネは曇ったり、うっとうしいこともあるし、コンタクトレンズは酸素をブロックするので長期的には目に良くないと言われています。
ですから、思い切って目の手術を受けることを決意しました。
手術を受けてからは、いろいろなメリットがありました。
裸眼で遠くのビルや景色が見えたときは、とてつもない感動を覚えました。
それとメガネやコンタクト代に使うお金もなくなるので、とてもうれしいです。
これからレーシックを受けようと考えている人は、目の手術なのだから怖いと思われていることでしょう。
わたしもレーシックを受けるまでは、すごく怖かったのを今でも覚えています。
クリニックのホームページのいろいろな体験談、一般の方のブログなんかもたくさん読んで、納得してから受けました。
けれども、レーシック手術はこちらが想像している以上に、点眼麻酔で痛みもなく、あっという間に終わります。
点眼麻酔をしても意識はありますが、次から次へと流れ作業のように手術が行われていくので「怖い」などと考えている暇がありませんでした。
また、初めての人は、目をつぶってしまって失敗させてしまうかもしれないと不安に思う方もいますが、オペ中は、まぶたを専用器具で固定されています。
ですから、まばたきや眼球をそらす心配はありません。
従って、患者自身がその点に注意し努力する必要もありません。
ただ、ひたすら医師に任せておけば、すべてが流れ作業で進められます。
術後2、3時間が痛みのピークで、それを過ぎれば後は目が少しかすむぐらいです。
翌日には0、1以下から1、5になりました。
今のところ夜間の運転はハロがあり注意しています。
ただ、怖いのはレーシックではなく、副作用などです。
副作用が起きたときは、目のことですのでとても不安になります。
そうしたときにきちんと対応してくれる病院を選ぶ必要があります。
親身に悩みを聞いて対応してくれるお医者さんを見つけてください。
また、手術の信頼性は、最新の医療設備とスタッフの熟練度、そして高度なクリーンルームを完備しているかで決まります。
必ずしも「大手が安全性の高い病院」とは言えませんが、実績や設備、人員などから考えると、やはり大手のクリニックが無難ではないでしょうか。
ほとんどのクリニックは、説明や相談、検査を無料で受けることができますので、一度実際に足を運んで確かめてみるのが「安全性」を確認する一番の方法だと思います。
手術は事前に沢山の検査をして、何回も医院に足を運ぶものです。
術後の検査も数回あります。
そうした術後のケアをきちんとする病院を、お住まいのエリアで選んでください。
ちなみに、わたしが受けたのは品川クリニックです。
クリニックに行くと沢山の人がいるので「この人たち皆受けるんだ」という変な安心感が出てきます。
もし品川で受けるのであれば紹介制度に家族に加入してもらってください。
そうすると紹介券(割引券)と手術を受けると紹介料が入ってくるので少しだけお得になります。
参考にしてください

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談