レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

生命保険でレーシック費用を抑える場合の保険の知識と注意。

近年益々注目されるレーザー角膜屈折矯正手術、レーシックですが、日本の医療認識としては近視、乱視、遠視などは、現状で病気として扱われてないため、基本として健康保険は効きませんから、手術費用は全額自己負担になる事や、手術料が高額というイメージから、手術を躊躇される方も沢山おられます。
しかし、生命保険や医療保険に入っている方は、レーシック手術が「手術給付金」の対象となっている場合、手術費用を抑えることが出来ます。
生保会社や保険の種類にもよりますが、手術を受ける前に、一度ご自分の契約内容を、再度確認して見ることをおすすめします。
もし給付の対象になっていれば、3万円から10万円程度の手術給付金が支給されますから、視力矯正手術の費用を大幅に減額することが可能になります。
また最近手術も一般的になったため、価格競争も激しくなっていますから、割引キャンペーンを行なっている病院もあり、医療費控除も合わせて利用すれば、さらに低負担で手術が受けられるようです。
芸能人やスポーツ選手などが相次いで手術を受け始めてから、マスコミにも取り上げられ、急速に注目をあびるメジャーな手術となったレーシック手術ですが、以前はこの手術が、生保の手術給付金対象となることについて、あまり知られていなかったため、手術給付金の請求をせず、手術を受けた人も多かったようです。
ただし、最近新規に加入された方については、最初から手術給付金の対象外になっている場合も有りますので、まずはご自分が加入する生保会社に問い合わせて見ると良いでしょう。
最近では生保の手術給付金請求の際に、視力矯正手術に対しての審査基準が難しくなったり、手術給付金の対象外とする会社も増えていますが、手術後新規に加入する場合においても同様に、審査基準が厳しくなっており、生保会社によっては、加入を断られる場合も有りますので注意が必要です。
生保加入条件が厳しくなった背景には、レーシックがあまりにもメジャーな手術となったため、急激に給付金請求が多くなったことや、手術給付を受けるためだけに生保に加入するといった悪意の利用を防ぐためと考えられます。
また、視力矯正手術には直接の関係は有りませんが、今後住宅を取得する予定があったり、何らかの公的或いは銀行融資を受ける必要の有る方は、場合によっては矯正手術後の申し込みの際、融資が受けられなくなるケースもありますので注意が必要です。
融資を受ける際には、条件として団体信用保証制度などの加入が義務付けられていますが、これは病気や事故などで身体障害者となったり、死亡するなどして返済が不能となった場合に、融資時に加入した保証制度で融資したお金を補填するためなのです。
保険会社では、手術で目を失明する危険があるとの判断から、視力矯正手術を受けた場合には、保証制度加入を断わるケースが増えています。
色々とメリットの多いレーシック手術ですが、生保の加入や給付内容に関して、今後益々厳しくなる事が予想されます。
現在のところ手術後の加入ができない生保会社はそう多く有りませんが、一定期間対象部位不担保という条件付きになっているところが多いようですから、ご自分の状況や将来の生活設計などを十分考慮した上で、手術を受ける必要がありそうです。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談