レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック手術後には保護メガネをかけて

みなさんは目は良いですか。
私は小学生くらいからずっと近眼でメガネが手放せない生活を送っていました。
メガネって、かけるだけなので簡単なようですが結構めんどくさい代物なんです。
ラーメンやうどんを食べるときには曇ってくるから外さないといけないし、お風呂だって外して入るとよく見えません。
コンタクトししてからはそういった煩わしさはありませんでしたが、こんどはケアをするのが面倒でしたね。
旅行に行くときも、まずはコンタクトの保存液は、ってなりますので荷物が多くなってしまうのです。
そんな時、友人がレーシックをして、世界が変わったと興奮して話してくれました。
近眼の人間にとって朝起きた瞬間から周りがよく見えるのは夢のようですから、私もやってみたくなりました。
レーシックをしてしまえば、今後の人生でコンタクトを買う必要はなくなることも魅力でした。
私はその当時、一日使い捨てのコンタクトレンズを利用していましたから、毎月7000円ほどがコンタクト代としてかかっていました。
しかし施術は自由診療になりますので、いっぺんにかかる金額が高く迷っていました。
実は友人の紹介ということであれば、紹介制度を利用して安く施術してもらえるとの話を聞き、すぐに検査予約をしたのです。
ところで、みなさんはレーシックとはどのようなものかご存知でしょうか。
名前は聞いたことがあるけど、という方がほとんどだと思います。
大まかに言えば、目を少し切って蓋のようなものを作り、開いた隙間からレーザーをあてて屈折力を変えることで視力をアップさせる近眼治療の方法のことです。
最近ではもっと細やかに個人差に対応出来るような機器が導入され、乱視や老眼などにも対応出来る施術を行っているクリニックもあります。
友人の紹介してくれた病院は私が住んでいる場所から遠かったのですが、交通費を多少病院側が負担してくれるとのことで喜んで行きました。
私の場合、遠方からとなりますので、検査と施術が一日で終わるプランを選びました。
一日で終わるプランとは午前中に検査をし午後から施術をします。
次の日に一時間程度の検診をして家に帰るというのが流れになっていました。
検査はたくさんの項目があり、結構な時間がかかりました。
その後カウンセリングがあり、担当医と施術について話がありましたが、とても優しい感じの先生で、施術について私が不安に思っていることもすべて解消されました。
昼食をとりにいったん外に出て、午後に施術のために来院します。
点眼麻酔をされると周りはぼんやりとするので、全く怖くなかったですよ。
施術じたいも数分で終わってしまいました。
しばらくして周りがはっきり見えてきたときには感動しました。
術後はしばらく保護メガネが必要となります。
風やホコリから目を守るためのメガネなので、ゴーグルのような花粉症の時にかけるような大きなものです。
ちょっと見た目が悪いのですが、術後に目に異物が入ったりすると角膜が損傷したり、感染症を引き起こすことになりかねません。
家にいるときでも必ずかけるようにしましょう。
寝ているときでも、無意識に目をこする場合があるので、かけて眠ると安心です。
一週間ほどのことですので、乗り切ったら爽快な生活が待ってますよ。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談