レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

私はレーシック後に網膜剥離になるという噂を払拭し、レーシック手術を受けてみました。

私はレーシック手術を受けましたが、手術を受けるまではレーシックに関するいろいろな情報が散乱していて、その中にはレーシック手術を受けると網膜剥離になるという噂もあったので少し心配でした。
レーシック手術は、マイクロケラトームという特殊な医療機器を使って角膜表面にフラップを形成しますが、その際には眼球を固定させることが必要であり、眼球を固定させる力が強すぎると網膜剥離が起こるという噂でした。
私はその噂の真偽についてインターネットで調べてみましたが、眼球を固定させる時には多少目にストレスがかかりますので、かなり稀なケースとして網膜剥離になることもあり得るということでした。
しかし、手術前には角膜や眼球の状態を綿密に検査をして、手術のリスクを判定し、時には目に圧力をかけないPRKと呼ばれる施術を行うことにより、手術による網膜剥離のリスクを軽減しているということでした。
100パーセント絶対に大丈夫ということではありませんが、手術のリスクはとても軽いということがわかったので、安心することができました。
考えてみれば、どんなに医療技術が進歩しても、レーシック手術に限らず、外科医が行う手術や歯医者さんの治療でもリスクはありますので、医師を信頼して任せることが大切だといえます。
そのため、私は高い技術を持っている病院を探すことに決め、インターネットを使って徹底的に調べました。
そして数多い眼科の中から一番信頼できると判断した病院に行って手術を受けることにしました。
病院はとても明るい感じがして清潔感溢れる病院でした。
病院のスタッフの方もとても感じがいい人ばっかりだったので、とても安心することができました。
診察室も広々としていて圧迫感がなく、とてもリラックスすることができました。
最初は手術前の検査とカウンセリングでしたが、医師とのカウンセリングはとても実りのあるものでした。
医師は網膜剥離のことや、手術に伴う様々なリスクについて丁寧に説明をしてくれ、こちらの質問にも的確に答えてくれたのでとても安心することができました。
私が事前に調べた通り、手術にはいろいろなリスクはどうしてもありますが、手術の範囲は角膜の表面だけで、神経系統が集中している眼球の内部を治療するわけではないので、失明の心配などはないということなので安心できました。
手術のリスクについて十分知っておくことは大切ですが、あまり過度に心配しすぎるのは良くありません。
私はこの先生が執刀してくれるのなら大丈夫だと思ったので、書類にサインをして手術を受けることにしました。
点眼麻酔後の手術の時間はわずか15分程度で、思っていたよりも楽な手術でした。
入院をすることなく、手術後の注意点をよく聞いて手術は終わりました。
手術後は私の両眼の視力は1.5にまで改善され、眼鏡をかけずに生活できるようになりました。
眼鏡をかけていた時は、スポーツをする時や仕事で肉体労働をする時にとても不便を感じていましたが、今では眼鏡なしで草野球をしたり、トラックからの荷物の積み下ろしなどもできるようになりました。
私はとても汗かきなので、いつも汗で眼鏡がベトベトに汚れてしまっていましたが、今ではそんな心配もなく快適に過ごせています。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談