レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック手術後の夜間視力についての基礎知識

レーシックという視力矯正の手術を知ったのは、会社の先輩がこの手術を受けた為です。
この先輩が劇的に視力が回復したという話を聞き、私はこの手術に興味を持ちました。
その会社の先輩は以前から両目とも視力が低く、コンタクトが手放せない状態でした。
その先輩がこの視力矯正の手術を受けたことによって、両目とも視力が大幅に回復し、会社の同僚の中で大きな話題となりました。
その先輩は劇的に視力が回復した事で、視力が悪かった同僚にもこの手術を勧め、私もこの先輩から詳しくレーシックについて聞き、更に手術を受けたい願望が強くなりました。
この先輩から手術を勧められた同僚の間では、この手術が一種のブームになり、私はその先輩が手術を受けたクリニックに会社の仲間と訪問することになりました。
私はこの手術に少なからず不安があり、集団で説明会を受ける事により、このような不安要素を減らす事が出来ると考えていました。
このような状況で、会社の同僚たちとリラックスした雰囲気の中で手術の説明を受け、想像していた以上に簡単な手術で安全性が高い事を理解し、この手術を受ける事を決意しました。
この眼科クリニックのドクターの説明の中では幾つかの術後の症状の説明もあり、私が術後に発症した夜間視力のトラブルの説明もありました。
私はこの事前の説明を受けていたために、術後の夜間の視力の異常に適切に対応する事ができました。
この手術を受ける前には、術後頻繁にあらわれる夜間視力の変化について知っておく必要があります。
ここではレーシックの手術後の夜間視力についての基礎知識についてお話致します。
先ず最初に、レーシックの手術を受けることで、夜の視力に変化が起こる可能性があります。
これはどのような術式でも起こる可能性のある症状で、私も一時的に夜間視力に変化が見られました。
この症状は夜になると視力が低下するというもので、視力の変化に敏感な方ほど感じやすくなります。
私は夜間に視力が低下しているというよりは、多少見えづらいといった感覚で、それ程大きな問題には感じませんでした。
私の場合は暗い場所で周りが見にくと感じる程度の症状で、ドクターの説明では強度の近視の方や、瞳孔が大きい方が手術を受けた場合は、この夜間視力に大きな変化が現れることが多くなるという事でした。
この暗い場所での視力の変化は、手術によりレーザーが照射される角膜の場所がせまく、角膜を深く削ることが原因となっています。
瞳孔は光の調整を行っていますが、この手術後に暗い場所で瞳孔が大きく開く際には、夜の視力に変化があらわれ見えづらくなる事が多くなります。
又、この手術後には夜間にコントラストが低下し、光がにじんで見えるような症状もあらわれます。
私もこのような症状を経験し、光のコントラストが低下するような感覚を体験しました。
このような光がにじんで見えるという現象は強度の近視の方が手術を受けた時に発症することが多く、私も強度の近視であったために、このようなコントラストが変化する症状で視力が不安定になりました。
しかしながら、私は手術前にこの症状の説明を受けていた為に、冷静に対処する事ができ、現在ではこれらの症状も無く裸眼での生活を送れています。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談