レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

有名なレーシック手術について

視力を矯正する方法と聞いたら皆さんはどのようなものを想像しますか。
一番多いのがメガネやコンタクトレンズだと思います。
ですが、現在はその他にレーシックという方法も存在します。
メガネの場合は眼科に行って視力をはかってもらい、それからメガネの度数を合わせてメガネフレームを購入してレンズも購入すると、ちゃんとしたメガネを作るのに数万円ほどかかってしまいます。
さらに、視力が変わればまた度数を合わせに眼科に行く必要もありますし、メガネを落としてしまった場合などには新しく買いかえる必要もあります。
コンタクトの場合はハードコンタクトなら毎日の洗浄が必要ですし、そのコンタクトを紛失する可能性もあります。
さらにソフトコンタクトの場合は、洗浄も毎日必要ですし定期的に購入しなければならないというコスト的な問題もあります。
しかし、それらの視力矯正方法ではないレーシックの場合は一度それを行なってしまえば、メガネをかける必要も無ければコンタクトを装着しなくても良くなります。
また、裸眼でものを見ることが出来ますので、クリアな風景を見ることが出来るというメリットがあります。
実は私も最近の視力が低下してしまい、このレーシック手術を受けました。
視力が悪くなってしまったきっかけは、夜中に本を長時間読んでいたせいだと思います。
趣味の本が大好きで毎日2~3時間は読書をしていました。
その時にちょっと部屋の蛍光灯を変えるのが面倒でくさくて、薄暗い状態で見ていたらこのように視力が悪くなってしまったのです。
そこで、このレーシックを受けてみることにしたのです。
先ほどの理由からメガネやコンタクトを使用するつもりは最初からありませんでした。
消去法でいろいろと視力を回復する方法を選んでいった結果、この手術になったのです。
ランダムドットステレオグラムを利用して自然に視力を回復するといった方法も試してみましたが、そのような方法ではすぐに視力が良くなる訳ではありませんでした。
車の運転をするので、出来れば今すぐにでも視力が回復して欲しかったのです。
そのような私の希望を叶えてくれるのがこの手術で、私の場合はその手術を行なってから数日ほどで視力が物凄く回復しました。
メガネやコンタクトもそれを作ってしまえば、すぐに矯正視力がアップしますがそのメガネやコンタクトを用意する必要があります。
それに比べてこの手術は自分の視力が回復しますので、そのようなものは一切必要ないという良い点があります。
ですので、車の免許の更新の時に裸眼の視力で良くなり、免許の条件等の欄に「眼鏡等」の文字が入らなくなりました。
その他に私は趣味で水泳をやっていたので、水中メガネをするときにもただそれを装着するだけで良くとても助かっています。
このようにレーシック手術はコンタクトやメガネにはない様々なメリットがありますので、とてもオススメすることが出来ます。
現在は新聞広告やテレビのCM、その他雑誌などの広告欄にこの手術方法のPR広告が載っているほど有名なものになっています。
その為、多くの方が手術を受けて視力を回復しています。
視力を回復したいという方は、一度この有名な視力矯正方法を試して、視力を回復してみてはいかがでしょうか。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談