レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

遠方の人がレーシックを予約する場合

入院が不要で視力を回復することができるレーシックは、若者から大人まで多くの人が手術をして満足しています。
手術を行う場合、一般的には最初にカウンセリングと検査を行ってから適正判断をして、その翌日以降の手術となります。
私もかなり視力が悪く、近視の他に乱視も持っていたので手術ができるか不安がありました。
しかし多くの口コミやインターネットでの評判を見て、重度の乱視や近視でも視力を回復していることが多いので手術することを決意しました。
私の住んでいる地域は東京のようにレーシックができる病院は多くなく、対応している医院はありませんでした。
手術を行うには東京へ行くしかなく、何度も足を運ぶのは資金的にも厳しい状況でした。
一度電話でカウンセリング予約の確認をしたところ、担当オペレーターから遠方の人は検査と同時に手術をすることも可能と説明されました。
現在、多くのクリニックでは遠方の人や仕事で忙しい人のために、検査日に手術を合わせて行うコースを設置しています。
私は他にも数か所確認したところ、どのクリニックでも予約した日に手術を行うことが可能と言われました。
予約当日に手術を行う場合、いくつかの制約事項があるのでしっかりと確認することが重要になります。
当日手術をするばあには、ほとんどのクリニックでは料金が加算されます。
私の場合は普通に手術するよりも1万円加算されました。
しかしそれでも交通費と宿泊代金を考えると、かなり格安の料金になります。
また当日手術の場合、基本的に午前中にカウンセリングと検査をすることが必要になります。
検査結果で問題がなければ、目薬をして数時間後に手術することになります。
ほとんど1日使うことになるので、その日はスケジュールを入れられません。
しかしこれらの制約を考えても、金額面や時間に関してかなり大きなメリットとなったので私は当日手術をすることにしました。
レーシック手術の予約をする場合には、日程を気を付ける必要があります。
ほとんどの人に対応でき視力が回復できるので、多くの人がかなり前からスケジュールを調整をしています。
私も最初は1か月後の手術を申し込もうとしたら、6か月後まで空いている日がないと言われました。
私の場合は仕事をしていて土日しか手術ができなかったので、特に混んでいるから相当早くスケジュールを組まないと難しいと言われました。
こればかりはどうしようもないので、半年後に手術をすることにしました。
さすがに6か月後になると空きもあります。
レーシックの手術を希望してる人は、当日手術にしても翌日手術にしても早めに日程を調整することをお勧めします。
特に遠方の人は何度も足を運ぶのも大変なので、しっかりとスケジューリングすることをお勧めします。
東京などで人気のあるクリニックなどは、かなり前から日程が埋まっている場合が多くなります。
特に休日などは多くの人が手術を希望するので、かなり早めに日程を調整することが重要になります。
遠方の人が東京などでレーシックをする場合、当日手術は時間や予算の面でメリットが大きいです。
しかし人気のある手術なので、早めに予約を入れることをお勧めします。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談