レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックを受けた翌日

レーシックの手術を受けたらどれくらいで視力は見えるようになるのだろうか、とっても疑問だったのでとりあえずさまざまなサイトを見てみたのです。
手術を受けるクリニックの医師には、たいていの方が翌日から今までとは違って回復した視力が見えるようになりますが、なかには一週間程度かかる方もいます。
そのような方の場合それまでのあいだは、モヤがかかったような霧がかった状態で見える方もいますと言われたのです。
そしてサイトの書き込みを読むと、八割の方が翌日には良く見えるようになったと記載されていたのです。
しかし中には医師が言ってられたように、一週間くらい霧がかかったような感じでぼんやりしか見えず、もしや失敗とか怖くなりましたなど記載しているのもあったのです。
実際どれほどの効果かは全く予想がつかないですが、とりあえず大多数の方が翌日には今まで見た事がない視野が広がっていると言っていたので、安心して受ける事が出来たのです。
そして実際にレーシックの手術を受けた結果ですが、次の日今までよりは確かに見えたけれど正直もう少し見えると思っていただけに肩透かしにあったような感じでした。
しかしこれも他の方の見解であったのですが、視力が慣れるまで時間がかかるとか、焦点がなかなか合わなかったという意見もあったので、もう少し様子を見ようと思ったのです。
とりあえず日常生活普通にしていても構わないとは言われましたが、少しの間落ち着くまではあまり視力に負担をかけない方が良いと思い、携帯電話も極力触らないようにして、パソコンも症状が気になるから調べたい葛藤にさらされましたが、我慢して控えました。
もちろんテレビや本もほとんど見ることなく、極力目を使わない、視力に負担をかけない生活を一週間ほど続けたのです。
しかしそういったものを極力控えて目を酷使するような事は控えたとしても、日常生活ではやはり視力は使用します。
すると一日、一日少しずつ確実に見えている感覚が違っているのです。
昨日より今日の方が確実にものがくっきりと見えているのです。
そして一週間程度経った時には、とってもキレイな視界が広がっていたのです。
本気で感動です。
ここまで視力回復を思っていなかったほど、視力向上していただけに本気でレーシックの手術を受けたこと、成果に感動です。
翌日は確かに私自身はそこまでクリアにならなかったですが、一週間後の視力は私の想像をはるかに超える結果だったのです。
0.02で裸眼ではほとんどぼやけた世界しか見ることが出来なかったにも関わらず、現在はなんと1.5なのです。
ハッキリいって天と地の差ほどある見え方の違いに驚きました。
翌日の視力は測定していないので、正確な事は言えませんが0.5くらいではなかったのかなと推測しています。
1.0くらいの視力でメガネを使用していたよりは、ずっと見えづらかったのですがなんとなくはわかるという感覚だったからです。
しかしレーシックを受け一週間でここまで視力が上がるとは本気で嬉しいです。
ありえないほど遠くの方まで見渡せる景色に驚きです。
もっと早くレーシックを受けていたら良かった、今周りにも勧めているほど良かったです。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談