レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックで乱視も治る

最近では技術の進歩と新しい機械の導入により、レーシック手術で乱視も治せるようになりました。
レーシックは近視の手術が有名ですが、角膜にレーザーをあてることで角膜の形を変えて屈折率を調整し、視力を矯正する最短の視力回復手術なのです。
ですから、近視のみならず、遠視乱視も矯正可能なのです。
しかも、3つがすべて一度に治せるクリニックもあるのです。
屈折状態とは、眼のピントが合わなくなってしまい、物がはっきり見えなくなる状態を言います。
近視も乱視も遠視も、このピントが外れている位置がどこであるかによって、種類が分かれているだけで元々は同じものなのです。
レーシックとは、この屈折異常そのものを治す手術であるため、一度レーシックで屈折を矯正してしまえば、一度に治すことができるのです。
強度の方でもレーシクを受けることが可能ですが、角膜を削る手術となりますのである程度の角膜の厚みが必要です。
角膜の厚みの状況によっては、手術が行えない場合もあります。
手術は角膜をミリ単位で薄く削って歪みをなくす手術です。
角膜の厚さなどを手術前にきちんと細かく検査をする必要がありますので、希望される方は適応検査を受け、どのような術式で手術を行うのかをカウンセリングしてもらうことを、おすすめいたします。
日本人は近視の人が多く、乱視の人も近視ほどではないですがいます。
この違いを、どのように視力検査において見分けるのかというと、放射状の腺から作られている表を利用して検査します。
ピントが合っていない線がはっきり見えるのに、ピントがあっている線のほうは、ぼやけて二重に見える場合が乱視の状態です。
多くの場合は正乱といわれるものです、また中には不正乱といわれる人もいます。
不正の場合は角膜異常で起こることが多いとされていますが、眼鏡やコンタクトレンズを使用しなくても、視力が1.O以上あれば、特に気にする必要がないと判断されます。
不正の場合は、ハードコンタクトレンズにおいての矯正が多くあるようです。
眼鏡やコンタクトなどのもので矯正する方法をとっている方も、わずらわしさから解放され裸眼で視界が良くなれば、それだけで視野が広がりよく見えるので職業おいては、手術を選択する方も大変多いのです。
手術には、メリットデメリットがありますが、手術にをいて、失明している例は日本で1例もありません。
術後のケアを怠って、後遺症を発症してしまう場合がありますが、まれなケースで、きちんと術後のケアと定期検診を受けていれば、そのようなことにはなりません。
手術に関しては、わりと手軽に気軽にできる手術だとメディアでも取り上げられます。
入院が必要なく、両眼20分程度で、終了し手術後30分休息して、検査をし異常がなければ帰宅できます。
年齢は視力の安定する20歳以上から受けることがもぞましいです。
18歳以上で受けることができますが、10代ですと視力が安定してない場合がありますので20歳からが良いでしょう。
手術を希望する場合は、レーシックを行っている全国のクリニックで、実績実例が多く安心できて、手術に定評があるクリニックをおすすめします。
感染症や後遺症にならないためにも、安全で清潔なクリニックを選択しましょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談