レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

近視・乱視でレーシック受け、再手術もしました。

私は中学生時代から目が悪くなり、だんだん進行していき高校生の時には両目0.02ほどで、コンタクトや眼鏡がないと生活できない状態でした。
朝起きてから寝る直前までつけっぱなし。
寝る直前にコンタクトを外すと、ぼやけて全く見えなくなるのでそれで仕方なく寝るという感じでした。
ある時、私が目の不自由さを不便に思っていると知っている友人が『昨日テレビでレーシックってゆーのやっててんけど、どれだけ視力が悪くても乱視が入ってても回復するらしいよ。
』と教えてくれて、早速帰ってレーシックについて調べてみました。
そして目の悪い母に一緒に受けに行けへんと聞くと、大丈夫なんかな・・・と不安そうでしたが、一緒に受けに行く事になりました。
早速電話して検査の予約をしました。
そして、行く途中は不安気な二人でしたがクリニックについてみると患者さんはたっくさんいて、中はすっごく綺麗。
なんだか少し安心しました。
そして、初日の検査は何十種類もの検査を受け、何時間かかかってようやく終わりました。
最後の先生との診察の時にまだ若いから進行する可能性は高いよと言われました。
が、コンタクト生活から脱出できる事を考えたらそれでもうけますと言いました。
みちの世界だった私たちだったのであんなにもたくさん何の検査したんかなー、でもそれだけ時間かけてたくさん見てくれるって事は安全って事なんじゃないのかなって事でその日は帰宅しました。
そして、手術の日が決まり人生で手術なんてしたことなかった私は朝起きてからドキドキ・・・。
ずっと怖い、怖いと思っていました。
クリニックに着いて、本日手術受けられる方と呼ばれると私達以外にも5人程いました。
毎日毎日手術があるのにこんなにも受ける人いるんだと感心しました。
そして、手術を待つ間何もつけていない目はぼやけてほとんど見えず。
不安で胸がいっぱいになりました。
そして名前を呼ばれ手術室へ。
目がぼやけてほとんど見えない私は女の人に手を引かれて手術室まで向かいました。
周りにはたくさんの人がいて、せいぜい男の人か女の人かくらいしかわからなかった。
寝転がると凄い明り。
よくテレビで見る手術台だと凄く緊張しました。
手術後、万が一失明とかしてしまってたら・・・など色んな事が頭をよぎりました。
そして、数分の手術が終わり目を開けると手術前にはどんな人に手を引っ張ってこられたかもわからなかったのに、うっすらと顔が見えます。
私はそれに感動して見えるーと大きい声で言っていました。
これからはめんどくさいコンタクト無しで生きていけるんだーととても嬉しかったことを覚えています。
そして、数十分数時間ほど休憩室で休憩し、母と合流。
母も今まで数十年間コンタクトだったので一緒に喜びました。
その日から私も母も裸眼生活。
自分の目で見れるという事はとても幸せな事なんだなと今まで思っても見たことなかったことを思いました。
そして、周りの友達たちにレーシックしたよーとたくさん伝えました。
それを聞いて受けに行く子も数人いました。
が、1年後・・・何か最近見えにくくなった気がする。
でも、保証期間内やからもう一回クリニックに行ってみようと予約をしていきました。
視力を測ってもらうとやっぱりあの時先生が言っていたように進行してしまいました。
でも、保証期間内という事で無料で再手術が受けられることになりました。
そして後日、再手術を受けさせて頂きました。
1回目の手術を受けてから10年、医療はずっと進化し続けてるので今ではもっといい手術がたくさん出てると思います。
レーシック受けようか悩んでる方は是非おすすめしたいです。
誰だって初めは不安もあると思いますが、立ち止まっていては前に進めません。
自分の幸せを掴む為に一歩踏み出してみてはどうでしょうか。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談