レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

乱視の矯正でレーシックを受ける際にかかる費用

私は乱視を矯正するためにレーシックの手術を受けました。
この手術は日帰りができてしまうもので、手術にかかる時間は三十分程度の短時間なものです。
このような短時間の手術で裸眼での視力が大きく改善します。
私のようにコンタクトを着用することによって目が疲れる事に悩まされた方にとっては、非常に有効な視力回復の方法です。
この手術を受ける前には幾つかの検査をしなければなりません。
手術当日も適応検査を受ける必要があり、約二時間程度かかります。
この適応検査とは、レーシックが可能かどうかを判断するもので、眼圧、角膜の厚み、屈折率、眼球の形状、角膜の細胞の検査などを調べます。
そして、この適応検査を終了して手術が可能であると判断された時に、カウンセリングで手術費用、術式、アフターケア、再手術などの相談に乗ってもらえます。
私はこの手術を受けるにあたり、費用面に大きな不安を抱いていた為に、このカウンセリングでドクターと費用について相談する事は大変重要なものでした。
ここでは乱視の矯正でレーシックを受ける際にかかる費用についてお話致します。
先ず最初に、レーシックで乱視を矯正する際には、選択する術式により大きく手術費が異なります。
そして、手術費以外にも幾つかの出費がある事を理解しておく必要があります。
私が受けたクリニックでは、実際の乱視矯正の手術料金の他に、事前検査や手術後の薬代、定期健診にお金が掛かりました。
これはクリニックにより異なり、手術後の薬代や定期健診の費用が手術料金に含まれているところも多くあります。
そして、最近では多くのクリニックで事前の検査が無料で受けられるようになっており、非常に検査が受けやすい環境が整っています。
このように手術の料金設定はクリニックによって多種多様であるために、私は各クリニックのサイトや、電話での問い合わせを通してこれらの情報を確認しました。
又、この手術は自由診療であるため、健康保険は使用できませんが、加入している保険によっては給付金が出る事があります。
その為、予め加入している保険会社へ問い合わせ、給付金を受け取れるかを確認しておくことも大切です。
次に、私が受けた乱視を矯正する手術は安全性が非常に高く、成功率も高いという特徴がありますが、手術を受けた方によっては十分な効果が得られないケースもあります。
このような場合は、再手術を受ける事も可能です。
この時の手術費は、手術を受けても視力の回復が十分に見られない方や、手術を受け再度視力が戻ってしまった方に対して、再手術の料金を無料に設定している事が多くなります。
又、多くのクリニックでは、手術後一年から三年程度のサポート期間があり、その期間は無料で再度手術を受けることができるようになっています。
私はこのようなサポート制度を手術前にドクターに確認しておいたために、万が一に備え安心する事が出来ました。
そして、この手術を受ける際には、手術後の再手術が可能な角膜の厚みなどの条件にも注意が必要で、再手術が可能な条件を事前に医師に確認しておく必要があります。
このようにこの手術を受ける前には、手術料金について確認しておく事が大切です。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談