レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック手術においての利点について

レ―シック手術は近視や遠視、更には乱視まで治療可能であることから現在非常に注目を集めています。
私も昔から視力が低いため、手術をしようか迷っていましたが、実際に手術をした知人の手術後の快適さや安全性などを聞くにあたり、手術をするに到りました。
利点も含め、私自信が手術を決断した理由として、まずその短時間での施術ながらも視力を回復させてくれる効果が何よりも高いということがありました。
実際に自分の眼の角膜にレーザーを当てるという手術方法に私も躊躇していましたが、実際に手術してみると、短時間なので特に苦痛を感じることがありませんでした。
痛みも特にありませんし、同じ日に両目の手術が可能です。
私も手術をした際は、短時間で手術が終了し、手術後に入院する必要性がないレーシック手術は、日常生活においても支障がでることがなく非常に助かり、手術を選択する上での第一の利点と言えます。
第二の利点として、大きな効果がありながら、手術に際しての安全性が高いことが挙げられます。
私はレーシック手術前はコンタクトレンズも使用する時もありましたが、コンタクトレンズ自体が中々眼に合わず、眼鏡を手放すことができない状態で、時には煩わしいと感じることが多々ありました。
しかし、レーシックはそのような私の生活を一変させてくれました。
これだけでも非常に大きなメリットです。
現に私自身も手術後直ぐに視力が回復し、現在は裸眼で快適な日々を過ごせています。
また、そのような問題ない経過を辿っていることから安全性も確かであることも間違いありません。
私の知人にも数人レーシック手術をした者がいますが、皆手術後に視力が回復し、現在も視力が安定しています。
手術制度が高い証拠でしょう。
その知人の中には、視力の質を更に向上させるために再度の追加手術をした者もいましたが、それでも問題なく快適な生活を送っています。
追加手術には角膜厚に余裕がある場合という条件はあるようですが、失敗がほとんどなく、リスクは比較的少ない手術だということは間違いがありません。
手術の安全性に関しては、その施術方法にも状況に応じた数種の施術方法があることが、何よりも手術を受ける側からしてみると有難いことでした。
個人によって眼には高次収差ともいうべき微細な歪みが存在します。
そのようなデリケートな部分を考慮すると手術にはそれなりの精度を要しますが、現在の技術では、その精度を幾つかの施術方法においてウェーブスキャンで計測し、精密なレーザー照射するなどの最新機器を使うことのよって非常にクリアな視力を効果的に実現してくれます。
私もクリニックの担当医にそのような説明を受け、手術制度の高さを納得して手術を受けましたが、手術をしてその確かさを実感しました。
私自身が実際に手術をした上で、大きな利点と感じたのは、このような効果と安全性両面において部分です。
しかし、それ以外においても個人によってレーシックの利点はあるかと思います。
もし、これから手術を受けようと考えているのであれば、自分の目の状況を考慮しながら、自分に合ったクリニックを見付け、そのクリニックとよく話し合いをした上で施術を考えてみて下さい。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談