レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

コンタクトが合わずレーシックを受けることになった理由

パソコンを使う仕事を始めてから、元々あまり良くなかった視力がみるみるうちに悪くなってきました。
眼鏡の度数も頻繁に変えて対応していたのですが、この際コンタクトにしようと思ったのです。
コンタクトは、慣れるまで装着に時間がかかり面倒でしたが、まず眼鏡によって引き起こされていた肩こりや、目の周りの筋肉の疲れが無くなって以前より快適に過ごすことができ、コンタクト生活を謳歌していました。
しかし、何故かコンタクトを付けてから目にトラブルを抱えるようになったのです。
それまでは視力は悪かったものの、目その物のトラブルは無かったのです。
最初は眼球に対してコンタクトの角度が合わないのかと思い、購入する度に調整してもらったりもしたのですが、異物感を絶えず感じ、瞼が腫れ上がる日もあれば、充血する日も多くなり、最後には怖くなって、全くコンタクトを入れる事ができなくなってしまったのです。
ただ、また眼鏡生活に戻る気にはなれず、先生に相談すると、稀にコンタクトに対し拒否反応がある人がいて、私はそれかもしれないとの事で、レーシックを勧められました。
たしかにこれだけコンタクトに苦労するのなら、手術を受けない理由など無いですが、怖いのが手術方法です。
そして失敗したと言う口コミを多く見かけるでした。
ネット上の口コミもさることながら、実際に受けた友人に聞くと、たしかに恐怖はあったけれど、術後は本当に快適で、裸眼で物が見えるってこんなに素晴らしい事なのかって改めて認識させれたとの体験談を聞き、これを受けないのは時間的にも金銭的にも勿体無いと言う事で、私も意を決して手術を受ける事にしました。
前日に、先生から手術の詳しい説明を受け、角膜を削ると言う方法で目が見えるようになるとお聞きし、その様子を図で見せられ、卒倒しそうになりました。
私の脳裏に手術のキャンセルと言う言葉がよぎったのも事実です。
ただ、せっかくここまで来たのに帰るのも勿体無いですし、眼鏡に戻るのも、何よりまたコンタクトで目にトラブルを抱えるのもいやだったので、翌日予定通り手術を受ける事にしたのです。
手術はアッと言う間で、当日ガーゼを取ってもらうと、部屋の普通の蛍光灯でさえ眩してく、クラクラしてしまいました。
まるで灼熱の太陽を凝視している程、私には世界が明るく本当に驚いてしまいました。
翌日から少しずつ視力が回復してくるのが実感でき、自分の部屋のホコリが思ったよりも多く、こんな汚い部屋にいたのかとビックリしました。
他にも持っている洋服に細かい模様が付いていることを3年も着ていて始めて知りましたし、家族が思った以上に老けていたこと、そして自分も小じわが結構ある事を知ってショックだった事もあったのですが、眼鏡、そしてあの不快なコンタクトの異物感から開放されたと思うと、あの苦労は一体何だったのか、さっさと受けるべきだったと思わずにはいられませんでした。
手術後、数回の受診をした後、1カ月後、3カ月後、半年後に再度定期検査を受けました。
しかし全く問題が無く今も大変快適な毎日を過ごしています。
手術の件数が多く、口コミの評判の良い所を選び、きちんと定期検査を受ければ怖くはありません。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談