レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの料金と価格帯ごとの治療内容について

今レーシックという新しい視力矯正方法が世間で注目されています。
レーシックとは眼鏡やコンタクトレンズなどと言った道具を使用することなく、角膜へのレーザー照射により視力を矯正する手術のことです。
手術後は裸眼での視力が飛躍的に回復するため、普段から激しい動きをするスポーツ選手などに人気があり、プロサッカー選手などからも多くの支持を集めています。
そのような近年の人気の高まりを受け、最近はこの方法で治療を受けられる眼科が急激に増えています。
そのため最近では眼科間の競争も激化しており、手術費用が数年前と比較して大幅に下がっています。
そこで、自分もこの手術を受けて見たいと考えている方のためにレーシックの料金とそれぞれの価格帯における治療内容の違いについて確認してみましょう。
まず初めに、レーシックのおおまかな費用は15万円から30万円ほどになります。
この治療は健康保険が適用されない自由診療であるため、料金は眼科側が自由に料金を決めることができます。
この内、最も低価格帯である15万円前後の費用で受けられる手術の種類は、ほぼ全てが最も一般的であるイントラという種類の治療方法になります。
イントラタイプの手術では従来の手法と違い、角膜を削るのに金属のブレードではなくレーザーを使用するのが最大の特徴です。
さらに、レーザーを使用するため角膜の切断面が綺麗になり、合併症の発症を抑えられるというメリットもあるため、非常におすすめできる方式です。
次に、少し高めの20万円前後の費用で受けられる手術では、Zという新しい種類のものが増えています。
このZタイプの手術では角膜へのダメージを最小限に抑えた最新型のFSレーザーを使用しており、さらに照射の際のわずかなずれをも防ぐ高次元アイトラッキングシステムなどの最先端技術が導入されています。
イントラタイプに比べると少々高めの料金ですが、安全性や品質、それに導入されている高額な最先端機材などを考えると、むしろ割安とも言えます。
治療の質を考えるなら、このZタイプがおすすめです。
そして最後に、15万円から30万円まで大きな幅のある価格帯で提供されているのが、アイという手術方法です。
なぜこの方式では価格にこれほどの幅があるのかというと、アイタイプの手術はイントラタイプをベースにしているからです。
アイタイプの手術では、まず人それぞれの目に固有な歪みを測定、解析した上で手術を行うため、複雑な形状でも誤差を限りなく少なくしてレーザーを照射することができます。
この時照射するレーザーのランクの違いによって、費用が変動しています。
さらに、価格設定の高い眼科では前段階の目の歪みの測定段階で患者一人ひとりに合わせた非常に細かい数値での測定、解析を行うため、従来の方式では治療ができなかった人でもアイタイプの場合は治療を受けられる場合があります。
従来の方式では治療が受けられなかった人や、目に歪みがある人にはこのアイタイプがおすすめです。
他にも近年の技術の進歩により新たな技術も生まれていますが、新しいものほど高価になる傾向があるため、どの形式のレーシックを受けるのかは料金と受けられるサービスをよく考慮して選ぶ必要があるでしょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談