レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

老眼になったら心配だと思っていましたが、レーシック手術を受けました。

私は30代前半の倉庫会社に勤めるサラリーマンです。
私はずっとコンタクトレンズを使用していましたが、レーシック手術を受けて、今ではコンタクトレンズなしで生活を送っています。
私がレーシック手術を受けた理由は、コンタクトレンズだと仕事に支障をきたすようになってきたからです。
私は倉庫会社に勤務していますが、入社以来ずっと常温の倉庫で働いていたのですが、去年の春の人事異動で、冷凍倉庫で働くようになりました。
冷凍倉庫の中で作業をする時には、コンタクトレンズを外す必要があり、とても不便を感じていました。
そのため、冷凍倉庫の中で作業をする時には、コンタクトレンズを外して眼鏡をかけて作業をしていたのですが、眼鏡をかけての作業もとても不便だったので、冷凍倉庫の中でも快適に仕事ができるようにするため、レーシック手術を受けることを決意しました。
手術を受けた病院は、インターネットのクチコミサイトを見て、実際に手術を受けられた方の評価が高い病院にしました。
手術を受けることは決めたものの、費用の面や手術が失敗して後遺症が残ったりしないか、最初はとても不安に思っていましたが、医師とのカウンセリングでそれらの不安は全て解消したので、安心して手術を受けることができました。
医師とのカウンセリングでは、レーシック手術のメリットだけではなく、デメリットの面も包み隠さず話してもらえたので、それがかえって安心感につながりました。
私はまだ30代前半ですが、40代になって老眼になったら心配だと不安に思っていましたが、医師の説明を聞いて安心することができました。
老眼は年を取ると誰でもなるものですので、その時になったら、老眼鏡をかければいいだけですので、それより今はとにかく、コンタクトレンズや眼鏡をかけずに冷凍倉庫の中で作業ができることの方が大事だと納得することができました。
他にもデメリットはいろいろありますが、それらのデメリットは全て許容範囲内でしたので、手術を受ける決断をしました。
気になっていた費用もローンの審査が通ったので、分割払いで支払うことが可能になったので、まとまったお金を工面する必要はありませんでした。
手術はとても短い時間で済み、あっという間に終わりました。
手術は無事成功し、その後の私の生活は一変しました。
冷凍倉庫の中での作業中も、眼鏡をかける必要はなくなったので、倉庫内での肉体労働がとても快適にできるようになり、日常生活でもコンタクトレンズを使用する煩わしさから解放され、とても過ごしやすくなりました。
コンタクトレンズをしていた時は、毎日外して手入れをしなければいけないことがとても不便でしたし、お風呂に入って顔を洗う時や、サウナやスーパー銭湯などに行ったりした時も、いつもコンタクトレンズを紛失しないように気を使っていましたが、今では何の気兼ねもなく、普通に入浴して洗顔をすることができるようになるなど、あらゆることでレーシック手術の恩恵を受けています。
たしかに手術代などは私の収入からすると高額でしたが、それでもお金には代え難いようなメリットがたくさんあり、手術を受けて本当に良かったと思っています。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談