レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの術後に老眼になる症状

最近、私は近くのものが見えづらくなっている事に気が付き、眼が疲労している事が原因だと考えていました。
しかしながら、このような症状は長期的に継続してしまい、眼のぼやける症状は治ることが無く、眼科を受診したところ老眼である事を告げられました。
眼科医の話によれば、これは目の水晶体の機能に加齢で問題が生じたためで、年を取ることで水晶体の柔らかさが失われてしまい、近くのものに焦点を合わせる事ができなくなった症状である事が分かりました。
このような問題を改善する方法はないかとドクターに尋ねてみたところ、レーシックの手術でこのような症状を改善できるという事を聞き、この手術を検討し始めました。
しかしながら、この手術について情報を集めている間に、この手術を受けることで老眼になるという事を聞き、私はこの手術を受ける事を躊躇しました。
この老眼になるという症状の詳細についてドクターに確認を取ったところ、これは大きな間違いである事に気づかされました。
ここではレーシックの術後に老眼になる症状についてお話致します。
先ず最初に、ドクターの説明では、従来の手術は角膜の屈折の矯正に特化したもので、水晶体の機能を変えるものではないために、老眼の治療は不可能だということでした。
しかしながら、先端の技術を用いた矯正法では、老眼に対処することができるようになっています。
これは近くのものが見えるように調節する事で老眼を矯正するためです。
クリニックで老眼治療をする場合は、老眼治療の手術とレーシックが併用されます。
クリニックでは老眼の手術では高周波を照射する方法で老眼を治療して、レーシックでは左右の視力を別々に調整する手法を用います。
私の場合もこの手法で老眼の治療が可能である事を告げられました。
しかしながら、私は術後の老眼になる可能性という点について非常に不安で、この点をドクターに聞いてみました。
ドクターのお話では、これは多くの方の誤解が原因となっており、レーシックを受ける事で老眼が早まることはないとの事でした。
これは手術後に老眼になったことに気づく方が多い為で、誰でも老眼の症状が出ますが、手術後に視力が回復し老眼である事に気が付くというものです。
多くの近視の方は、老眼の症状を発症していても近くのものが見える為、老眼の症状に気づきづらいという点があります。
そして、手術により近視が矯正されると、近くが見えづらくなった事に気づき、老眼である事を把握するのです。
その為、老眼になるという誤解が多くなっているとの事でした。
又、私が気になった術後の症状としてドライアイがあります。
この手術後には感染予防のために定期的に点眼薬を使用します。
ドクターのお話ではその影響から、手術後一定期間は涙の分泌が減少してしまい、ドライアイの症状が出る可能性があるとの事でした。
しかしながら、大抵の場合は一時的な症状として収まるので大きな心配はいらないとのことでした。
しかしながら、術後のアフターケアは重要なポイントで、定期的な点眼に加え、目を極度に使用しない事が重要になるとの事でした。
従って、私はドクターのアフターケアでの注意事項を事前に確認して手術に臨みました。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談