レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの手術で快適な生活

最近レーシックというワードを見かける機会が増えてきました。
レーシックとは、近視をレーザーで矯正する手術のことです。
メガネをずっとかけ続けるのは疲れるし、コンタクトレンズは手間やケアが欠かせませんよね。
レーシックは1990年代にアメリカで広く認知されるようになり、日本では2000年以降にかけて、だんだんと見近なものになってきました。
手術の内容は、目の角膜にレーザーを照射して曲率を変えることにより、近視を矯正する効果があるということです。
曲率というのは、ものの見え方が凹凸レンズを使ったようになることで、裸眼でありながら視力が矯正されます。
詳しく説明すると、レーザー機器で目の表面の角膜を薄くスライスします。
レーザー機器が、眼球用のカンナのようなもので、スライスしてめくると、眼球の角膜実質層が表れるので、この本体にエキシマレーザーというレーザー機器を照射することで削ります。
そのあと、めくった眼球の表面角膜をもとの状態に戻し、自然な状態に戻るのを待ちます。
エキシマレーザーで眼球本体を削ったことで眼球の中央がうすくなり、角膜の曲率が下がったことで、近視が矯正される、という仕組みです。
文字で説明すると、なんだか怖い手術のようだけど、実際は手術時間は15分程度で、痛みそのものはまったくありません。
眼球が動かないようにするために眼球を固定する器具を入れるのですが、これに違和感がある人がいるくらいでしょうか。
術中は時間そのものが短くてあっという間、もちろん麻酔を使用するので、まったく痛くなかったという人が多いようです。
ほかの手術と同じで、麻酔が切れると少し痛みがありますが、痛み止めの目薬をもらえますし、ほとんどの人は1時間から3時間ほどで痛みも自然に治まるようです。
どちらにしても、手術後は安静にしておいたようがよさそうですね。
瞳孔を手術前は内容の説明を聞いたり、麻酔をしたりで少し時間がかかりますが、術後はすぐに自宅に帰れるのもいいですね。
視力はだいたい手術から1日後程度で矯正されます。
そのあと、1ヶ月ほどかけてゆっくり安定し、1ヶ月後にはほとんどの人は裸眼で1.0以上になると言われています。
1.5ほどの視力になる人も多く、あまりによく見えるので「今まで見えなかったものが急に見えるようになった」と感じる人も少なくないようです。
レーシックは近視を矯正する手術ですから、近視が進行すると言われる10代の人は、手術が受けられません。
視力が安定するまで待ったほうがよいということですね。
手術後は定期的な目の検査がありますが、大切な目のことですからきちんと受けておきたいですね。
レーシックの手術は1990年にギリシアで行われたのが初めてで、歴史が長いとは言えませんが、アメリカの学会でレーザー治療は長期的に見ても安全である、という報告がされています。
料金は自由診療なので、病院によって様々ですが、事前に評判のよい病院や医師、アフターケア、料金のことなどしっかり調べてから納得して手術を受けたいですね。
わたしの周辺の人も手術を受けた人は、もっとはやくに手術しておけばよかった、と言う人がほとんどです。
メガネやコンタクトレンズをつける毎日から開放されて快適な毎日を過ごしたいですね。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談