レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

0.1以下のレーシック手術

レーシック手術は視力を劇的に回復させるのに効果的なもので目の眼球の角膜にレーザーなどで直接きりこみなどを入れることで眼球の角膜を眼鏡のレンズのような働きをさせてより目が良く見えるように変えていく手術になり、麻酔の様子によっては少し怖い施術になることもあります。
近年はレーザーでそれほど痛みもなく行えるので安心して受診できますが、従来の方法では眼球を見開いてかなり怖い状態での手術をすることになっていました。
近年は0.1以下の視力は0.8くらいまで戻すこともでき、個人差はありますが相当質の高い医療サービスを受けることができるようになりました。
こういったレーシック手術は保険がきかないので全額実費で手術を受けることになりますが、それでも視力を回復するための手段としてはかなり理想的なもので多くの人がその手術を受けて視力を回復しています。
私が受けた手術もかなり安心して受けられるもので受診料も手術まで含めて約10万円で受けることができました。
そのクリニックでは多くの実績があり、患者へのお話しもしっかりとあって安心して受診する事ができました。
また、レーザーでの施術なので目に直接モノを入れることはなくかなり安心して受診できるようになっており、安心してその手術を受けることが出いました。
0.1以下の視力であれば最低でも0.5までは視力を回復することができ、個人の差によっては1.0近くまで回復できるものです。
受診する時にはまず、診察を受けてどの程度の視力で、どれくらい見えるようになりたいのかという話しや実際に手術をすることができるかどうかの確認を行います。
こうして確認を行って麻酔や手術に対するアレルギー等異常がなければ実際の手術への話が進んで行きます。
主に手術前後にしてはいけないことを厳しく言われるので絶対にこれを守らないと手術は失敗して最悪失明する可能性もあります。
主にお酒を飲まないことやプールに入らないこと等があげられ、人体の中で表面に出ていて最もデリケートな部位なのでかなり重要な場所になります。
飲酒に関してはかなり注意されたので絶対に気をつけた方が良いでしょう。
手術の時にはレーザー治療では事前にサインしてあった書類などを用意しながら説明を聞いて実際の施術にうつります。
施術が始まれば手術はすぐに終了しました。
目をできる限り開いておくように言われましたが、瞬きはしっかりとしていても良く、ただしっかりと一点を見ていれば良いので簡単でした。
視力がかなり悪かった私ですが、噂では視力が悪すぎると手術を受けることができないとも聞いていたので、実際にはきちんと手術を受けることができてかなり安心しました。
実際に影響してくるのは角膜の厚さであり、眼球そのものや視力はあまり影響がないことが分かりました。
お医者さんの話の際に不安な事があるか何でも聞いて下さい、と言ってくれたのでかなり色々不安を取り除くことができました。
0.1以下の視力であってもしっかりと視力を回復して0.8まで回復する事ができて、色々なモノの見え方がかなり変わって見えるようになりました。
私個人的には非常に満足しており、そのクリニックは友人や知人にも紹介したいと思えるものでした。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談